9月6日 東六郷学区民運動会・東六郷小学校運動会

こんにちは、5期生のざっくです。 
9月6日に、東六郷小学校と東六郷体育振興会が共催する、東六郷学区民運動会・東六郷小学校運動会が開催され、ReRootsもお手伝いとして参加してきました。心配されていた天気も何とかもってくれ、無事にすべてのプログラムを終了することが出来ました。

  共催という形ではありますが、東六郷学区民運動会は震災後初めての開催で、多くの方が集まり、東六郷小の生徒たちと一緒に全力で種目に取り組んでいました。


東六郷小学校は津波によって一階部分が浸水するほどの被害を受けました。現在でも校舎は使用不可能となっており、今回の運動会も、間借りをしている六郷中学校で開催されました。
地域住民からは学校の再開や、校舎の保存などの声が多く上がりましたが、廃校と校舎の取り壊しが決定し、来月には体育館の解体作業が始まります。


学区民運動会は地域の人々が集まる、という点で地域にとって大きな意味がありました。六郷東部には4つの集落が存在し、震災以前は集落ごとに、本番に備えて練習を重ねていたほどでした。そうすることで古くから続く集落のつながりを強めていったのだと思います。

今回の学区民運動会は震災で失われてしまった、そのような集落のつながりを取り戻そうとして、開催されたものであるはずです。

運動会には地域の方も参加できる種目があり、盛り上がりを見せました。小学校のPTA会長の方は、「来年こそは本校で開催したい」と仰っていました。


今回の運動会で感じたことは、学校は地域の核となるものである、という事です。学校は地域の人が集まり、交流する場となります。イベントの際には人々が一丸となって協力して、地域を盛り上げようとします。学校がなくては子供も集まらず、地域の高齢化も加速してしまいます。

そのような状況で、コミュニティを形成していくためには、集落ごとの町内会などの既存の枠組みに留まらず、六郷東部全体で問題意識を共有すると共に、地域の魅力を再発見して、それを活かすために地域の人が一人一人主体的に活動していく必要があると思います。


これは東六郷小学校伝統の「くろしお太鼓」です。17名の全校生徒が息のぴったりあったパフォーマンスをみせてくれました。


学校がなくなってしまうことは非常に残念なことですが、次に目を向けて、これからもReRootsのメンバーとして地域の話し合いのサポートをしていきたいと思います。

9月6日 荒浜学区民運動会

はじめまして、5期生のポセイドンです。

七郷小学校で行われた、最後の荒浜学区民運動会に参加させていただきました。
ReRootsメンバー6人で準備やお手伝いをしに行きました。

荒浜学区内はほとんどが災害危険区域に指定され、小学校が使用できない状況にあるということで、荒浜小学校は来年28年9月26日で閉校になり七郷小学校へ4月より統合することが公表されています。
この荒浜学区民運動会は、今年の1月に荒浜小学校の校長先生から最後の学区民運動会を開催してほしいという要望が出された後様々な議論を経て、やっと開催された運動会でした。

当日は雨も心配されましたが幸い延期になるほどの雨は降らず、最後までやりきることができました!


地区対抗玉入れの様子。練習をしていないにもかかわらずたくさん入っていました。



こちらはリレー。みなさん本気で、白熱していました。



児童全員による荒小ソーラン。元気よく踊っていました。



子供たちは全力で、大人の方はどこか懐かしそうにして運動会に参加していました。
地区対抗の競技にはより一層熱意を感じました。
笑顔の絶えない運動会でした。

最後は全員で「荒浜音頭」「マイムマイム」を踊りました。
メンバーも踊りに参加させていただきました!
地域のみなさんが「一緒に踊ろうよ」と、あたたかく受け入れてくださり、とても嬉しかったです。
子供も大人も一緒になって盛り上がっていました。荒浜の良さを改めて実感できるような運動会でした。
またどこかでこのように集まれるイベントが行われればいいなと思いました。

8月8日 笹屋敷盆踊り

こんばんは!
はじめまして、5期生のサブローです。


昨日の夕方、ReRootsのハウスのある笹屋敷地域において、町内会の盆踊り大会が開催されました。
ReRootsもこのお祭りに参加させていただきました!



私たちは金魚すくいの屋台を出店しました。
大勢の子供たちが大はしゃぎで金魚と格闘しています。

来てくれたのは地元の子だけでなく、夏休みで帰省しておじいちゃんの家に泊まっている、という子も多く居たようです。
「来年もここでやるの?絶対また来るからね!」と言ってくれた男の子が居ました!
来年もこのように笹屋敷のお祭を盛り上げるお手伝いができたら、と強く思いました。



夕方にはメインイベントの盆踊りが行われました。
老若男女問わず、皆さんやぐらの周りを拍子に合わせて踊っています。
みんなで揃えて踊るというのは、一体感があって大変楽しいものですね!

また、お祭りの中で、地域の方がやぐらの上で民謡を歌ってくださることがありました。
特に若者の少ない地域では、形のない文化は後世に引き継がれにくいものです。
今回の盆踊り大会は、このような伝統ある踊りや歌を若い世代へ伝える、良い機会だったのではないでしょうか。
これからの笹屋敷地域において、このお祭りのように地域の文化に触れることのできる行事が増えたらいいな、と思います。



7/26 東六郷夏祭り

こんにちは。初めまして、5期生のほぁんほぁんです。


昨日は六郷中学校で東六郷小学校の夏祭りが開催され、テント設営や机・椅子の準備、そして、フランクフルト販売のお手伝いをさせていただきました。
(東六郷小学校は現在は六郷中学校の一角を間借りしています。)

 

そして、夏祭りの目玉であったイベント。東六郷小学校の生徒たちが伝統として受け継がれている黒潮太鼓を披露していました。



子どもたちの緊張を浮かべた顔色や力強く太鼓を叩いている様子を見て、一生懸命練習してきたのだな、とひしひしと伝わってきました。




東六郷小学校は被災後、もとの校舎の取り壊しが決定しており、まもなく体育館から解体され始めます。また、小学校自体も28年度をもって閉校になってしまいます。

しかし、PTA会長は「来年も必ず(東六郷の夏祭りを)やる!」と仰っていて、地域や子どもたちへの熱意をたいへんお持ちでいらっしゃいました。




ReRootsもこの熱意に負けるわけにはいきません。

これからも初心を忘れず、熱意をもって若林を盛り上げていきます!



5月24日 「わたしのふるさとプロジェクト」第一回会議

 こんばんは。真坂です。

遅くなってしまいましたが、昨日は六郷市民センターにて行われた「わたしのふるさとプロジェクト」の第一回会議に参加してまいりました!




「わたしのふるさとプロジェクト」とは住民が主体となって六郷地区を元気にする方法を考えようというコンセプトのもとに行われているプロジェクトで、六郷東部地区の方々や行政関係の方々などで構成されています。その中にリルーツも去年から参加させてもらっていて、今日は今年度初の会議ということで、今年入部したばかりの新入生二人も一緒に会議に参加してきました。

会議といっても終始アットホームな雰囲気で、新入生たちも緊張しすぎることなく、一生懸命に話を聞いているようでした。

実は僕もこのプロジェクトに参加するの今回が初めてだったのですが、この会議に参加された方々の六郷地域への強い思いを感じることができ、僕自身もこれからも頑張らなきゃなという思いになりました。

実りある会議となりました!


カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 5
9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
22 23 24 25 26
28 29 30 31

ブログ内検索

twitter

最新CM

[05/07 nagai]
[04/16 air bundles]
[02/27 めがねぽんち]
[09/21 ReRoots]
[09/18 るりねえ]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード