2月6日 荒浜小学校 「防災・復興発表会」に感激

2月6日
荒浜小学校の防災・復興発表会に招待され、児童たちの報告を聞いてきました。


荒浜小は
東日本大震災の津波被害をまともに受け、校舎は今も被災当時のままです。
児童たちは
現在、東宮城野小学校の校舎をかりて勉強をしています。

当時、
震災を経験した児童たちは
現在の5年生と6年生になりました。
家も流されてしまったので、現在は仮設住宅や民間アパート、または移転先で生活しています。
震災以来、荒浜での学びや生活はなくなってしまったのです。

しかし、
荒浜小学校では、
学年に合わせて荒浜の歴史や文化、農業、防災について
地域の方々に直接インタビューをしながらとてもたくさんのことを学んでいました。

校舎に入って階段を上ると
 REMEMBER荒浜と書いた地図と写真がありました。
地図のポストイットには友達と遊んだ場所やどんなお店があったかなど
児童たちの思い出がたくさん詰まっていました。
また、よく見ると
 ガレキ拾いのボランティア写真
これは、ReRootsに来て畑のガレキ撤去のボランティア体験をしたときのものです。
児童たちの荒浜への思いを感じました。

荒浜小学校のHPには、
特色ある教育活動として児童たちの学びの様子が掲載されています→こちらのHP
今日の発表の背景となる内容が掲載されているので、ぜひ見てください。

さて、発表は低学年から順番に行われて行きました。
2年生は
仮設住宅でインタビューをして、
どんな防災グッズが必要なのか、
一人ひとり自分の防災グッズを選び、
大きな声で選んだものとその理由を発表しました。

3年生は
地域に花を植えたり、荒浜音頭を練習して覚えたり、あらはまカルタを作ってあらはまの特徴を学んでいました。
 これがあらはまカルタです。
よくみると…
 「リルーツには木の妖精のリルオ君がいるよ」
なんと、ReRootsがカルタになっていました。びっくりです。

4年生は
地域の方々にインタビューをして
 荒浜の公園にほしいものを調査し、
アンケートも100枚も集め
自分たちで、アイデア一杯の公園プランをたて、模型をつくっていました。

5年生は
荒浜集落営農組合での農業体験やReRootsのボランティア体験を通して
 ハッピーあらはま
という荒浜地域のグランドデザインを作りました。
真ん中に噴水があり、周辺には市民農園や、ヘリポートなど、
どういう施設があればいいのか、夢がいっぱいつまっていました。

6年生は
 地域の防災を調べ、
防風林、貞山堀、県道のかさ上げ、東部道路の避難階段など、地域の防災・減災がどうなっているのかを調べて発表しました。

最後には、
児童たちがインタビューをした仮設住宅の方々、荒浜集落営農組合などの地域の方々にお手紙までいただきました。
ReRootsもいただいてしまい、とても感激しました。

児童たちがあと5年たてば小学6年生も大学生になります。
そのとき、
ReRootsが若林区の復興のため、地域おこし段階での取り組みを行っていて、
一緒に活動できる日が来るのではないかと、とても期待しました。

また、
地域の方々が児童たちの発表を通じて
荒浜のことを忘れず、これからに生かしていこうとしている姿に
目頭を熱くし、感動している様子に心打たれるものがありました。

子どもたちの発表は
先生方の努力もあってのことですが、
本当に感激しました。

5月8日 箱の中身は…。

GWもあけて、段々と暖かくなってきました。
ボランティアハウスのある場所から内陸に数キロいった場所では、田植えの真っ盛り。
夜はカエルが合唱しています。

農家の方は畑へと、田んぼへと、忙しそうです。
ReRootsも、今年は畑の規模を拡大して野菜作りの真っ最中です。
大根やレタス、ニンジンやカボチャなど、畑もにぎやかになりそうです。

そして今日、以前ボランティア参加して下さった方から、お荷物が届きました。



お届け物欄には「野菜」と書いてあるので、これはおいしいお届け物かな、と期待を膨らませて開けてみると…



キクイモの種イモがたくさん入っていました!
しかも、育て方まで丁寧に付けて下さっています。

キクイモは糖尿病にも効く、とっても健康的なお芋だそうです。
ちょうど植付けの時期らしいので、これから頑張って育てたいと思います。

とってもおいしいお届けもの、ありがとうございました。

3月16日荒浜の「に」「油揚げ」

地域の方がたくさんご来場くださり、とてもにぎやかな会になりました!
開始11時の前から長蛇の列となり、
「に」は150食、「油揚げ」は150パック(3個入り)を用意しましたが、30分もしないうちに売り切れに…。
「油揚げ、また食べたい」
「なつかしいね」
「分厚くておいしくてね」
今回は、去年の8月11月に続いて3回目の「に」の配布でしたが、
油揚げの販売は初めてでした。なので、数が足りなくなってしまい、本当に申し訳ありませんでした。
また、荒浜でとれた野菜や、若林区七郷でとれた野菜、花、荒浜産大豆のお菓子(仙大豆)も販売しました。
荒浜、深沼地域は災害危険区域のため、住民の皆さんは、震災後、住む場所はバラバラになってしまいました。今回のイベントは、ふだん中々会えない方々が集まれる一つの機会となりました。
「あら○○さん?久しぶり」
「震災後初めてね~」
「あんた今どこさ住んでんの?」
なんて声が会場のあちこちで聞かれました。

深沼の「に」「油揚げ」を懐かしんで来られる方が多かったですが、一緒に販売した野菜や花も大変好評でした!
野菜を作った農家さんも店頭に立って販売。
「おらほで作った大根っ葉いかが~」などなど。

またこんな風にみんなで集まれる機会が欲しい、とのお話。
検討したいと思います。
※写真は後程UPします!

1/28 春に向けて

今日は午前中、仙台ではあたたかく春の訪れを感じましたが、
いかんせん若林区は午後から冷たい強風にみまわれまだまだ冬ですね。

ReRootsはこれまで様々な方に農業用機械を提供していただき、
農家さんに農機具を貸し出したり、また自分たちの畑を耕したりしてきました。
昨年張り切りすぎたのでしょうか、せっかく提供していただいた機械が不調のものが多く
今日は修理のお願いをしました。


近くの作業所の方に修理をお願いしたのですが、あっという間に不調を見抜き、
スパッと直してくださり、動かせなかったパンク中の機械も連れて行ってくれました。
さすがです・・・。
震災の影響をうけた機械は塩水をかぶって、エンジンをいくら掃除してもすぐダメになってしまうことが多いみたいです。また、震災後、中古でトラクターを買いなおされる方が多く古い型のものもどんどん出回っているというお話をお聞きしました。
機械が高いものであるからというだけでなく、提供してくれた方の
思いのこもったものですので今後もっと大切に、そして長く使わせていただきたいと思います!




27馬力クーラー付きトラクターに乗りたいきしだ


松島マラソンに参加してきました!

夜遅くにこんばんは。
今回はいつもの支援活動とは全く違う内容でお送りしたいと思います。

日曜日は、ReRootsメンバーで松島マラソンに参加してきました!
少し風が強かったですが、スッキリした秋晴れでまさにマラソン日和でした。

メンバーは5km、10kmにそれぞれ分かれて走ってきました!
ところどころアップダウンもあり、ペース配分を考えさせられるコースだったかと思います。
ですが海沿いのコースでしたので、開けたところで松島のきれいな海が見えたり、収穫後の田んぼが一面に広がる道を走ったりと、景色の移り変わりを楽しめたのではないでしょうか。

ちなみに僕は10kmを走りました。
正直、最後の2,3kmはバテバテでした。体がついていかず大失速です。土おこし、農作業支援での力仕事などの普段の活動で体力はある程度ついていてくれているものだと思っていましたが・・・うーん、どうも本調子ではなかったようです。

しかし参加メンバー全員が無事完走できました!
復興屋Tシャツを全員が着て、その背中に書いてある文字がきっとゴールまで後押ししてくれたのでしょう。
その込められた思いにメンバーもきっと負けなかったのだと思います。とにかくお疲れ様でした。

沿道で声援を送ってくれた地域の皆さん、大会運営のスタッフの皆さん、そして多くのメンバーがマラソンに参加する中、若林区の現場で活動していたメンバーのみんな、本当にありがとうございましたm(__)m

最後に集合写真をどうぞ!


カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

twitter

最新CM

[04/16 air bundles]
[02/27 めがねぽんち]
[09/21 ReRoots]
[09/18 るりねえ]
[09/05 いとーしゅーじ]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード