3月18日からKoboパーク宮城でわらアートの骨組みを展示中!

ReRoots6期生・新大学2年となる村上です。

以前に骨組みの運び出しの様子について記事がありましたが、
先週3月18日より、Koboパーク宮城で、昨年のわらアートで使われた骨組みが展示されています。
26日に実際に行ってきました。その様子をお伝えします!

Koboパーク宮城のレフト付近にあるスマイルグリコパークとイーグルスドームでは、
3月18日から4月16日にかけて「恐竜アドベンチャー ~まなべる・あそべる恐竜博~」というイベントが催されています。
そのイベントを盛り上げるべく、スマイルグリコパーク内にわらアートの恐竜の骨組みたちを置くこととなりました。

登場したのはティラノサウルス、ステゴサウルス、トリケラトプスの3体。
Koboパークでも迫力は健在です。







親子連れなどが、立ち止まって眺めていらっしゃいました。

昨年、農村復興のシンボルとして話題をさらったわらアート。
会場内にはわらアートの説明が少ししかないですが、訪れていただいた方には、
「あ、Koboパークにもあったわらアートだ!!」
「若林区ではこんなことをやっているんだ」
など、少しでも知ってもらいたいなと思います。

以下に、営業の状況などを記します。
少々複雑なので、こちらや球団HPを参考にしていただければと思います。
恐竜たちが球場で待っています。ぜひお越しください!!

* * *

【営業日】
3/28-4/2、4/7-4/9…10:00~17:00
4/4(福岡ソフトバンク戦)…13:00~20:00
4/5、4/6(福岡ソフトバンク戦)…10:00~17:00
4/12(埼玉西武戦)…13:00~20:00
4/14(北海道日本ハム戦)…15:00~22:00
4/15(北海道日本ハム戦)…11:00~18:00
4/16(北海道日本ハム戦)…10:00~17:00 ※最終日!
※4/3、4/10、4/11、4/13は休園日です!

【場所】
Koboパーク宮城内、スマイルグリコパーク
※GATE10かGATE11から入場できます

【入場料金】
大人500円、子ども300円(一日券の場合)
※上記の試合がある日は試合の観戦チケットで入場することができます

3月25日 NJC様と荒浜の海岸清掃を行いました

ReRoots6期生・大学新2年生の村上です。

3月25日、NJC(日本事務器株式会社)東北支社様がボランティアとして訪れてくださいました。
NJC様は、復旧支援を行っていた頃からReRootsとともにボランティア活動を行っています。
震災から6年が過ぎましたが、今でも若林区を気にかけてくださったことに、
継続的にボランティアとして被災地に足を運んでくだ去っていることに、
ありがたさを感じずにはいられません…!

今年は、「荒浜再生を願う会」の庄子さんにご協力いただき、深沼海水浴場となっている砂浜を清掃しました。
深沼海水浴場は仙台市唯一の海水浴場で、4月末に震災遺構として公開される旧荒浜小学校の東に位置しています。
震災があってからは営業を再開できていません。



今回は午前中のみの活動でしたが、参加されたそれぞれの方がゴミ袋2つ分のごみ・瓦礫を拾うことができました。
男8人+メンバー2人で清掃を行ったということで、
大きな流木やタイヤなども協力し合いながらどんどんと運んでいきました。
その成果が出て、掃除をした砂浜はかなりきれいになりました!!

参加したNJCの方からは「この海岸に子供を連れて海水浴に来てみたい」だとか、
「仙台にこんなに広い海水浴場があって驚いた」などと言っていただきました。
今年初めて若林区の被災地にいらっしゃった方も、精力的に海岸を清掃していました。
深沼海水浴場が活気のある頃に戻る日を待ち遠しく感じました。

現在は復旧支援が終了いたしましたが、このような形でボランティア活動をしたいということでしたら、ご相談いただければと思います。

NJC様、荒浜再生を願う会の皆様、ありがとうございました。

荒井市営住宅にて「食のサロン~春のお茶会~」開催!

こんにちは!

3月19日に荒井市営住宅にて「春のお茶会」を開催しました。
今回のお茶会では、前回に引き続きわら細工を行い、その後にお茶を飲みながら漬け物とお菓子を食べ住民同士で話しに花を咲かせてもらいました。

わら細工では、子どもからお年寄りの方まで皆さんに楽しんでいただくことが出来ました。年配の方の中には、「わら細工を通して、わらが復興のシンボルであることを子どもたちにも感じて欲しい」とおっしゃっている方もいらっしゃいました。自分たちも、しおりを通してわらが復興の象徴であることを知ってもらえるように工夫しました。


わらが持つ意味や漬け物の作り方を書いたしおりを参加者さんに渡しました!


子どもたちも一生懸命わら細工に取り組んでいました!


漬け物では、若林区の野菜を使って、若林区の農家さんから教えていただいたレシピをもとに自分たちで作って振る舞いました。「野菜の甘みが感じられて美味しい。地元の野菜は他の野菜より甘いからいいんだよね。」という声を多数いただきました。地元で採れた食べ物を地元の人が食べる。そのことを通して地元の人が地元の農家さんを応援する。そういった未来を造ることを自分たちは目指しています。その足掛かりとして、地元の野菜の美味しさを参加者皆さんに再確認してもらえたと思います。

きゅうり、小松菜、白菜、人参の漬け物を振る舞いました!

メンバーが漬け物の作り方などを参加者さんに説明しました!

お菓子では、自分たち学生の地元のお菓子を振る舞いました。お土産として袋に詰めて家に持って帰られる方もいました。

奥から時計回りに雷おこし(東京)、干し芋(茨城)、パンプキンパイ(秋田)、まころん(仙台)

今回は、「地元」をテーマに企画を行いました。参加してくださった方々は自身の地元の昔話を懐かしそうに、そして楽しそうに話し合っていました。自分たち学生も昔の話を聞くことが出来て楽しかったです!参加してくださった方々、本当にありがとうございました!

これからも、このような食を通したイベントを定期的に行っていきます。次回も参加していただけることを楽しみにしています!


3月17日 フクイの大辛カレーをいただきました!

こんにちは!しゃたです。

今日は一日活動して腹ペコになったメンバーで、フクイの大辛カレーをいただきました。このカレーは豊橋のカレーシェフの福井英史さんが、東北の新鮮な素材を最大限に活かして作られた特別なカレーです。

福井さんは震災発生当時、がれき撤去の復旧活動にご協力いただいて以来、毎年このカレーをお送りいただいてご支援いただいています。

口に入れた途端、野菜のうまみが全体に広がり、その後じわじわとスパイスの辛さが押し寄せてきます。

でも、その辛さも後を引くもので病みつきになり、口に運ぶスプーンが止まりません。

本当においしくいただきました!ありがとうございました。

宅配でのみ販売しておりますので、みなさんもぜひお召し上がりください。
↓福井さんのブログのURLです。ご注文はこちらからご確認ください。
http://fukuicurry.exblog.jp/

はちみつ・野菜ジュースで伸ばすと辛さがまろやかになり、より食べやすくなってオススメです。









わらアート骨組撤去→楽天KOBOパーク宮城へ移動

今日、3月13日
2016年度のわらアートの骨組が撤去されました。
仙台市農業園芸センターに展示されたわらアートの恐竜たちは
子どもたちに大人気で、
9月から約半年、多くの方々に見ていただくことができました。

そして、
2月にはイルミネーションも行われ、新しい若林区の恒例行事になりそうです。

すこしでも被災地の復興にむけて多くの方々に訪れていただき、
若林区の農の魅力を知っていただければと思います。

 ステゴザウルスの足が外され、身体が遠くに見えます。
なんとなく、さびしい。

 トラックの荷台に乗せられたティラノサウルス
この口の中でたくさんの子どもたちが写真を撮っていきました。

そして
このわらアートの骨組たちが向かうのは…
なんと楽天イーグルスの球場「KOBOパーク宮城」です。

【スマイルグリコパーク・イーグルスドーム】
恐竜アドベンチャー ~まなべる・あそべる恐竜博~

の展示の中でわらアートの骨組たちも登場します。
詳細は→楽天イーグルスのHPへ

 *楽天イーグルスのHPから引用

企画の開催期間は 3月18日(土)~4月16日(日)
チケットはスマイルグリコパーク・イーグルスドーム 共通入場券 大人500円 こども300円ですが、詳細はHPで確認してください。試合のチケットがある場合や幼児などは料金が変わります。

ぜひ、球場にもわらアートの恐竜たちを見に来てください。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

twitter

最新CM

[04/16 air bundles]
[02/27 めがねぽんち]
[09/21 ReRoots]
[09/18 るりねえ]
[09/05 いとーしゅーじ]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード