7月19日の被災地支援


今日も引き続き畑の細かいガレキ取りと土おこしでした。

重機が入って大きなガレキを撤去したあとは
キャタピラーが踏み固めて
カッチカチの状態

しかも畑の奥から、道路際に近づけば近づくほど、何度も重機が行き来し、かつガレキをまとめているから、土は固いし、細かいガレキが巻き込まれていて、作業速度が格段に落ちる。


どんな風に土に埋まっているかというと
DSC_0002.jpg









分かりますか?

地層のなかで化石のようにガラスが埋まっているのが。

これでは畑で農作業できないので、地層を掘り起こしながら目視でガラスや石、細かいゴミなどを探して分けていくのです。

だから、
たとえばこんな感じのゴミです。
DSC_0003.jpg










結局、重機が入ってキャタピラーで巻き込んだり、土を混ぜ返したものが畑の中に残ってしまうのです。

それは最終的に人の手で掘り起こすしかない。

しかも、カッチカチの土。
まるでグラウンドを掘り起こしているかのよう。

  農地の再生はまだまだだ。



★ この記事へのコメント

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

twitter

最新CM

[06/18 いとーしゅーじ]
[05/07 nagai]
[02/27 めがねぽんち]
[09/21 ReRoots]
[09/18 るりねえ]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード