2月25日 東四郎丸小学校で「仕事」についての授業

2月25日
仙台市立東四郎丸小学校で6年生の総合学習の授業にある
「はたらくって な~に?」のゲストティーチャーを担当してきました。

小学6年生が、美容師さんやパン職人さんなど働くプロの方からお話を聞いて、
将来のことを考えたり、コミュニケーション能力を高めたり、地域とのかかわりを考えたりするための学習だそうです。

今回は、
「震災復興・地域支援」の仕事として話してきました。

震災からどうしてReRootsを立ち上げたのか、
農業をどうやって再生しているのか、
その活動を通じて大切なことは何なのか?
という話をしながら、

要点は3つ
1、相手の立場に立って考えること
2、いまは?その次は?その先は?
3、相手に必要とされること

この3つを、震災復興の例や小学生にもわかる身近な例を通じて、仕事の在り方のような話をしました。

すでに、
いままでお話された別のゲストティーチャーの方とも共通するものがあったらしく、
児童たちはこれまでの話との共通点や応用について発見している子もいました。

さらに、自分なりに日常への活かし方を深めている子もいて、吸収力に驚かされました。

終わってから、
久しぶりに一緒に給食も食べました。

震災から5年
当時の1年生が6年生に
これから5年たったら高校生

そのころになったら、ReRootsのボランティアにも参加しているかな?

★ この記事へのコメント

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 5
9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

twitter

最新CM

[05/07 nagai]
[04/16 air bundles]
[02/27 めがねぽんち]
[09/21 ReRoots]
[09/18 るりねえ]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード