5月11日 笹屋敷花壇作り・種まき

こんばんは。
お久しぶりです。いっしーです。

少し日が開いてしまいましたが11日に行った笹屋敷花壇の種まきについてです。


…とその前に。笹屋敷花壇についてお話しなければなりません。

笹屋敷花壇とはバス停「笹新田」裏の畑のことです。
地域の農家さんのご提案で、ここで地域のために花なんかを育てられたらいいね、
ということで今まではチューリップがスイセンが植わっておりました。
(咲いたスイセンの写真は4月15日の記事にあります)

そこにリルーツへお声がかかり地域で花壇を作るお手伝いをさせていただくこととなりました。

植えるのはリルーツの得意な(?)ひまわりです!

笹屋敷花壇作りの主役は笹屋敷の方たちです。
リルーツはイベントの企画や畑のお世話などのお手伝いをやっています。

11日のイベントについて書く前に、畑作業のこれまでを少し振り返りましょう!

【4月24日】



こんな感じで農機具を使って畑を耕しました。
このときはチューリップがちょうど見ごろで凄くきれいでした。
このあとに2回ほど農家さんにトラクターを入れてもらったのですが、
やはりプロの操るトラクターの方が圧倒的にきれいに耕せてました。

【5月6日】


この日は農家さんに教わりながら畝を立てました。
なかなか計画通りの長さの畝幅・畝間が作れず苦労しました…

【5月11日】

そして5月11日です。
この日は町内会主催で笹屋敷花壇にひまわりの種まきのイベントを行いました。



公会堂に集まって花壇の説明をした後、畑でみんなで種まきです。
子供たちも奮闘してました。



種まきのあとは隣に植わっているチューリップ・スイセンの手入れです。
花をとることで球根が育ちまた来年使える球根になるのだそうです。

そして畑作業のあとは…


看板作りです!



お子さんたちの手によってかわいい看板が出来上がっていきます…

完成した看板は今週末にも花壇の近くに立てる予定です。


イベントは20名強の参加があり、和気藹々と楽しくゆったりと行えました。
看板作りをしている横で簡単なお茶会のようなものを開いたのですが
そこでも地域の方たちが昔話や町内のことで盛り上がっていました。

個人的に一番うれしかったのは、「種を少し持って帰って家で植えていいか」という声があったことです。

言ってくださった方たちには種をお配りしました。
今回のこの花壇作りからいろんな家庭に景観再生の輪が広がったら、それはそれはすばらしいことだと思います。

次回のイベントも企画していますので、お楽しみに。

地域で力を合わせてきれいなひまわりを咲かせましょう!


★ この記事へのコメント

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

花壇

きれいな草花たちは、みんなの心を癒しますね。復旧の作業の中では、残念ながら庭木の伐採などをさせて頂いた方も有りましたが、また少しずつでも景観への回帰が進めばと、思います。

こういった活動をきっかけに、またコミュニケーションの場が、出来るのも素晴らしいと思います。

また、畝作りというのも、奥が深く長年の経験と勘が必要なんですね。
最近は農機具も便利なものが出来ていますが、やっぱり長年の現役の方の指導は。とても大事な宝と思います。

メガネポンチ | 2014.05.16 10:53 | 編集

無題

メガネポンチさん

おっしゃるとおりです。
この畑はバス通りに面していまして、地域の顔になるような花壇が作れたらいいなと思っています。
この花壇を見て景観について考える人が増えていったらいいなとも。

畝作りもなかなかまっすぐにならなかったり…。
プロの農家さんに教えていただけて本当によかったです。

7月下旬~8月頭にはきれいなひまわりが咲いているでしょう。
ぜひ見に来てくださいね!

いっしー | 2014.05.20 10:00 | 編集

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

twitter

最新CM

[12/27 ReRootsあやたか]
[12/24 ぼうず]
[10/01 U-MY・ONE芳賀]
[09/28 馬内里美]
[09/19 馬内里美]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード