3月18日からKoboパーク宮城でわらアートの骨組みを展示中!

ReRoots6期生・新大学2年となる村上です。

以前に骨組みの運び出しの様子について記事がありましたが、
先週3月18日より、Koboパーク宮城で、昨年のわらアートで使われた骨組みが展示されています。
26日に実際に行ってきました。その様子をお伝えします!

Koboパーク宮城のレフト付近にあるスマイルグリコパークとイーグルスドームでは、
3月18日から4月16日にかけて「恐竜アドベンチャー ~まなべる・あそべる恐竜博~」というイベントが催されています。
そのイベントを盛り上げるべく、スマイルグリコパーク内にわらアートの恐竜の骨組みたちを置くこととなりました。

登場したのはティラノサウルス、ステゴサウルス、トリケラトプスの3体。
Koboパークでも迫力は健在です。







親子連れなどが、立ち止まって眺めていらっしゃいました。

昨年、農村復興のシンボルとして話題をさらったわらアート。
会場内にはわらアートの説明が少ししかないですが、訪れていただいた方には、
「あ、Koboパークにもあったわらアートだ!!」
「若林区ではこんなことをやっているんだ」
など、少しでも知ってもらいたいなと思います。

以下に、営業の状況などを記します。
少々複雑なので、こちらや球団HPを参考にしていただければと思います。
恐竜たちが球場で待っています。ぜひお越しください!!

* * *

【営業日】
3/28-4/2、4/7-4/9…10:00~17:00
4/4(福岡ソフトバンク戦)…13:00~20:00
4/5、4/6(福岡ソフトバンク戦)…10:00~17:00
4/12(埼玉西武戦)…13:00~20:00
4/14(北海道日本ハム戦)…15:00~22:00
4/15(北海道日本ハム戦)…11:00~18:00
4/16(北海道日本ハム戦)…10:00~17:00 ※最終日!
※4/3、4/10、4/11、4/13は休園日です!

【場所】
Koboパーク宮城内、スマイルグリコパーク
※GATE10かGATE11から入場できます

【入場料金】
大人500円、子ども300円(一日券の場合)
※上記の試合がある日は試合の観戦チケットで入場することができます

わらアート骨組撤去→楽天KOBOパーク宮城へ移動

今日、3月13日
2016年度のわらアートの骨組が撤去されました。
仙台市農業園芸センターに展示されたわらアートの恐竜たちは
子どもたちに大人気で、
9月から約半年、多くの方々に見ていただくことができました。

そして、
2月にはイルミネーションも行われ、新しい若林区の恒例行事になりそうです。

すこしでも被災地の復興にむけて多くの方々に訪れていただき、
若林区の農の魅力を知っていただければと思います。

 ステゴザウルスの足が外され、身体が遠くに見えます。
なんとなく、さびしい。

 トラックの荷台に乗せられたティラノサウルス
この口の中でたくさんの子どもたちが写真を撮っていきました。

そして
このわらアートの骨組たちが向かうのは…
なんと楽天イーグルスの球場「KOBOパーク宮城」です。

【スマイルグリコパーク・イーグルスドーム】
恐竜アドベンチャー ~まなべる・あそべる恐竜博~

の展示の中でわらアートの骨組たちも登場します。
詳細は→楽天イーグルスのHPへ

 *楽天イーグルスのHPから引用

企画の開催期間は 3月18日(土)~4月16日(日)
チケットはスマイルグリコパーク・イーグルスドーム 共通入場券 大人500円 こども300円ですが、詳細はHPで確認してください。試合のチケットがある場合や幼児などは料金が変わります。

ぜひ、球場にもわらアートの恐竜たちを見に来てください。

恐竜の杜ファンタジーナイト開催中!

こんにちは!今回は仙台市農業園芸センターで開催中のイベントについてのお知らせです

現在、農業園芸センターでは、「恐竜の杜ファンタジーナイト」というイルミネーションイベントが行われています!

昨年のわらアートで展示した恐竜の骨組みに電飾が取り付けられ、綺麗にライトアップされています。

 
ティラノサウルス


 
トリケラトプス


 
ステゴサウルス



恐竜以外にも、農業園芸センターにはイルミネーションが設置されています。
それも含めて、間近で見るとより綺麗に見えるので皆さんぜひお越しください!


日程は2月11日、12日、17日、18日、19日、24日、25日、26日で、2月中の金、土、日曜日に開催しております。
開催時間は16時30分から20時までです。
入場料は300円で、期間中は温かい飲み物などが配られているので、寒い時期ですが体を温めてくれますよ!

生まれ変わった恐竜達をぜひ見に来てください!

ふるさとまつりでわら細工のワークショップで出店しました

こんにちは!


10月16日に若林区役所で若林区民ふるさとまつりが開催されました。そこでリルーツもわらアートの実行委員会として出店し、わら細工体験のワークショップを行わせていただきました。今回はその様子をお伝えします!おまつりはとても活気があり、私たちも多くの方に元気をもらいました!




今回も農業園芸センターでのオープニングイベントに続いて、わら細工ではかたつむりと馬を制作しました。小さなお子さんからご年配の方まで多くに人に体験していただきました。普段わらを見ること、触れることは多くはないと思われますのでわらを知り、より身近に感じてもらうよい機会になったら幸いです。
少し難しいながらも、自身でわら細工を作って喜んでお持ち帰りになる方々を見て私たちもとても楽しく活動させていただきました。

同時に、ただいま仙台市農業園芸センターで開催中のわらアートの宣伝も行わせていただきました。今年のわらアートを実際に見に行ってくださった方も多くいて、大変うれしく思います。



今回わら細工で使用したわらもわらアートに使用したわらと同じもので園芸センターのある若林区沿岸部のわらも使用しています。震災による被害から再生した田んぼでとれた稲わらが、その地でわらアートに形を変えて自然豊かな農村のアートな風景を発信しています。まだ見ていない方は是非、もう見たという方もそういった流れを踏まえてもう一度足を運んでいただきたいと思います。

11月27日まで子ティラノサウルスを含め恐竜5体が展示中です!仙台市農業園芸センターへ是非行ってみてください!

10月15日 わら回収報告

こんんちは!
6期生の尾形です
先日10月13日と14日でわら回収を行いましたので報告します。
わらは若林区で農家をされている方の稲刈りを終えた後のわらをいただいて行いました。こちらが実際にわらの回収を行っている様子です。


午前中からまち課の方や実行委員会の方にも来ていただき助かりました!
手伝っていただきありがとうございました!
作業は無事に14日で終了することができました。
ここでわら回収のやり方を載せたいと思います。
最初にわらを手である程度集める。


次に数本のわらを取り、それで結ぶ。
結ぶときは3,4回ねじり、ねじった部分を内側に入れる。
これを続けていくという感じになります。


回収したわらはいったん保管され、その後来年のわらアートで使うためのわら編みを行っていきます。
いまは稲刈りのシーズンで若林区沿岸部はとても美しい風景です。
震災後一度はがれきに覆われた田畑も、こうしてまた多くの方の努力によりよみがえり、毎年お米がとれるようになったことには本当に感動です!!

来年も素晴らしいわらアートを作るためにもわら編みからしっかり作れるように頑張ります!


カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

twitter

最新CM

[11/20 Free Android Apps Download]
[11/13 must de cartier montre femme faux]
[11/13 alhambra bracciale diamante replica]
[10/31 シャネル偽物]
[10/31 ブランドコピー]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード