8月9日 九州集中豪雨ボランティア派遣2日目


今日はリルーツメンバー4人で現地のボランティアに参加してきました。
現在、阿蘇には様々な民間のボランティア団体が活動しています。
なにか災害があったとき、いち早く行動を起こせるのは民間の団体であり
そのような素早い行動はありがたいと現地の方もおっしゃっていました。



さて、今日の活動は主に家屋の清掃と泥だしの2種類でした。


まずは家屋の清掃で、壁に付着している泥をブラシなどで取り除きます。

そのあと、高圧洗浄機でとどめをさします。
壁にぶつかって泥が飛び散ったのか、
壁の高い位置にまで泥がこびりついているところもありました。


次に、現場を変えて泥だしの作業にも参加させていただきました。
民家の庭の泥だしや側溝の泥だし。

阿蘇では現在も雨のたびに土砂崩れの可能性があります。
実際、昨日も大雨により一時的に避難指示が出され、
いつまた自分の家に土砂が襲いかかってくるともわからない
そのような状態にあります。

泥を詰めた土嚢袋を家の前に置き、
大雨時に水が再び家に入ってくるのを防ぐ。
側溝の泥をかきだし、排水機能を回復させる。
今日の作業はどれもいち早く取りかかるべきものでした。



まだまだボランティアを必要としている方はたくさんいます。
少しでも多くの泥を取り除けるように、
リルーツは明日も働きます。



★ この記事へのコメント

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

お疲れ様でした。

リルーツメンバー4人の方と宿(阿蘇び心)でお会いした者です。出発当日の泥出し作業でもご一緒しましたし、夢の湯でもバッタリ会いましたね(^^ゞ

仙台からはるばるお疲れ様でした。
紅一点・Mさん(ここで本名を出していいのかわからないので伏せておきます)の泥出し作業の速さにビックリしました。さすが、慣れてますね。

Mさんのお名前をFacebookで検索しても見つからなかったので、このブログにメッセージを書いておきます。
いつかどこかで、またお会いしましょう!

北九州市民 | 2012.08.30 00:30 | 編集

Re:お疲れ様でした。

コメントありがとうございます。お久しぶりです。Mです。

ボランティアお疲れ様でした。同じ九州とはいえ、北九州から阿蘇へ、1か月にもわたって泊まり込みで活動なさっている姿には頭が下がります。本当にお疲れ様です。

泥だしは約1年ぶりでした。経験があるとはいえ、ReRootsのベテランさんたちには足元にも及びません!!私もまだまだです。

九州豪雨のボランティアでは、短い間しか滞在できませんでしたが、勉強になることがとても多かったです。復旧までまだ時間がかかりそうですが、これからも関心を持ち続けていたいです。

ぜひまた一緒に泥だししましょう!!

お世話になりました!


※最近放置ぎみだったFacebookで私も探してみます。

ReRoots | 2012.08.31 17:53

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

twitter

最新CM

[12/27 ReRootsあやたか]
[12/24 ぼうず]
[10/01 U-MY・ONE芳賀]
[09/28 馬内里美]
[09/19 馬内里美]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード