2月19日 海の近くの畑にて

こんばんは!

今日の活動はいくつかありますが、そのうちの一つ、畑の土おこしについて書きます。


この畑では本日初めて活動したのですが、とっても広いんです。
NEC_1302.jpg
さらに、連日の冷え込みで土が固まってしまったため

スコップを使っての作業は、みなさん悪戦苦闘されていました。

ご覧のとおり、畑のそばにある水たまりも

氷が張ってしまっています。

それだけ寒いということなんですね。






NEC_1300.jpgまた、別の角度からの活動中の写真を撮ってみました。

この畑は海からとても近いところにあります。

奥に並んで見えるものは、松林ですが

この向こう側に海が広がっています。

この松林、写真で見るとまばらに生えているのですが…

これは津波で多くの木が流されたしまったためです。




NEC_1305.jpgお昼休みの合間に、ボランティアの方々と一緒に

海に向かって歩いてきたのですが

その途中、松林の中を通ってきました。

枯れてしまった木、折れ曲がってしまった木など

津波の衝撃を物語っているものが多く見受けられました。

しかし、足元を見てみると、たくさんの小さな苗木が!


肝心なところで、その写真を撮り忘れてしまい、おっちょこちょいなリーダーでしたが

そこには確かに、新しいいのちが根づいていました。

また以前のように、たくさんの松が並んでいるきれいな風景を取り戻すとともに

本来の松林の役割も果たせるようになってほしいです!



では最後に

今日の活動で初めて、休憩時に風をしのぐための真っ赤なテント、

そして、移動式の簡易のトイレを使いました。
ab1203b7.jpeg遠くから撮ったために、小さく映ってしまいましたが…

赤いテントの隣の青いものがトイレです。

ここの周りには、風を遮るものは何もありませんし

トイレも近くには設置されていません。

そしてなぜかこのトイレ、皆さん記念写真を撮っていかれるほど

参加者の方々に大好評でした(笑)


どちらもボランティア活動には、必需品です。






★ この記事へのコメント

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

無題

段々と皆さんの活動が、進歩していく様子が伺えて、嬉しいです。
装備や、作業の進め方も、ご苦労をされながら、工夫をされている感じが、伝わってきました。

まだまだ、先の道のりは長いかもしれませんが、地域の方に寄り添う初心を、心に留めて、皆さんのペースで地域の方々を支えてあげて下さい。

できれば、私も微力ながら、お力になれる機会をと、思っています。

メガネポンチ | 2012.02.20 10:28 | 編集

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

twitter

最新CM

[07/29 S品N品ロレックス]
[06/18 いとーしゅーじ]
[06/07 imitation van cleef and arpels collier]
[06/07 replique van cleef et arpels]
[06/07 contrefaçon montre rolex daytona]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード