六郷東部ふるさと交流祭

 
10月29日に東六郷コミュニティ・センターでふるさと交流祭が開催されました。

ふるさと交流祭は、「地域にゆかりのあるひとが集まって交流を深めるような機会をつくりたい」という想いから、六郷東部の有志が集まって企画した初めてのイベントです。
「まずは出来ることから始めてみよう」「来年以降も継続することを考えて企画しよう」と、6月から実行委員会の方々で話し合いながら準備してきました。

 
前日からあいにくのお天気でしたが、参加者は250人を超えました!


 まずは、この企画の目玉ともいえる特設ステージ!地域で活躍される方々の演奏が披露されました。


はじめに、六郷小学校の子どもたちによる「黒潮太鼓の演奏」
 
東六郷小学校より約30年受け継がれた伝統ある演奏は迫力満点で、皆さん懐かしさを感じながら楽しんでおられました。

続いて、ナネアクラスさんによる「ハワイアンダンス」
 六郷市民センターを拠点に活動しているサークル、ナネアクラスさんによるステージは美しく優雅なダンスでした。  

そして、住民の方による「三味線・民謡の演奏」
 
普段あまり聞くことの出来ない、三味線と民謡がコミセンいっぱいに響き渡り、心地よい雰囲気に包まれました。


  
最後に、六郷すずめっこさんによる「すずめ踊り」
六郷地区住民を中心とした祭連「六郷すずめっこ」さんは、会場となった東六郷コミセンにて練習をしているそうです。フィナーレにふさわしい華麗な演目でした。


さらに、ホール後方では体験ブースが賑わっておりました。

      
 住民の方が講師を務めた「昔あそび体験」や「押し花教室」、東本願寺さんによる「念珠ブレスレットづくり」です。  子供から大人まで、講師の方に教えてもらいながら体験をすることで、昔話や地域の話で盛り上がり、深い交流が出来ていたようです。


  

また私達ReRoots も「わら細工教室」を開催しました。
六郷地区の田んぼから獲れた稲わらを使って、馬やかたつむりの小さくて可愛らしいわら細工を作るコーナーです。小さい子供たちも上手に作れていました。

 
 さすが農家さん。巧みな手さばきでわらを編んでいきます。参加者さん同士で教え合いが生まれ、談笑する姿が印象的でした。


 


また、入り口付近に設置された産直市場では、井土生産組合から卸していただいた若林区名物の井土ネギと、かあちゃん‘ずのメンバーが手塩にかけて育てたサツマイモが販売されました。開催からわずか2時間で完売してしまいました!

 
 
 
同じく屋外テントでは焼きそばや焼き鶏、ポップコーンが振る舞われていました。出来立ての焼きそばは身体が温まりますね!
  


 
そして、東六郷かあちゃん‘ず・三本塚子ども会によるお食事カフェ!
 

  
午前中は白玉ずんだが振る舞われました。
今年地元で採れた枝豆で作ったかあちゃん‘ず特製ずんだは、香りも色も違いました。


愛情たっぷり、とても美味しかったです!
 
 
 お昼時は皆さんお楽しみの、おにぎりとオリジナル芋煮でした。
地元野菜をふんだんに使った芋煮と新米のおにぎりに、皆さん秋の味覚を味わっておりました。
カフェは最後まで人が絶えず、大盛況でした。

 
ReRootsのメンバーもお手伝いさせてもらいましたが、お母さん達の手際の良さに驚きました。おそろいのエプロンがとても素敵ですね。

 
東六郷小学校の閉校により住民の交流の機会は減っていましたが、今回久しぶりの再会に喜ぶ人も見られ、大成功だったと思います。

企画に携われた皆様、お疲れさまでした!参加された皆様、ありがとうございました!

以上、ふるさと交流祭のご報告でした。

★ この記事へのコメント

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 7 8
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

twitter

最新CM

[10/01 U-MY・ONE芳賀]
[09/28 馬内里美]
[09/24 スーパーコピー 買ってみた]
[09/19 馬内里美]
[04/15 ウブロスーパーコピー]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード