7月7日 七郷小学校でボランティアについて授業

7月7日
七郷小学校4年生の授業でボランティアについてReRootsの代表が講演してきました。

この授業は「やってみよう!ボランティア」という防災単元の授業の一環です。
当日は、
ReRootsと冒険広場あそび場の2団体が報告しました。

 震災当時の様子を話しています。

講義の内容の中で 大切なポイントの説明
1、相手の立場に立って考えること
2、今は?次は?さらにその先は?
の2つについてReRootsのボランティア活動を通じて話ました。

1点目はボランティアする対象の目線で考えることの重要性について。
2点目は目の前の問題を解決するだけでなく、その問題を解決したらその次にどんな問題が起こるのか、さらにその先にどういう状況が予想されるのかを考えて、先読みして動くことの大切さ。
この2点を説明した後、さらに小学生の日常の生活の中で応用できるような宿題の話などを交えて講義しました。

 冒険広場あそび場の報告
みんな真剣に聞いています。

児童たちがボランティア活動についてどう思ったのか、授業後の振り返りが楽しみです。


★ この記事へのコメント

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

twitter

最新CM

[06/18 いとーしゅーじ]
[05/07 nagai]
[02/27 めがねぽんち]
[09/21 ReRoots]
[09/18 るりねえ]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード