5月1日 荒浜小4年生のボランティア体験

今日は、
荒浜小学校の児童4人と先生2人で
ガレキ撤去のボランティア体験をしにきました。

被災当時はまだ入学前だった子どもたちです。


荒浜小学校は津波被災によって現在は使用することができないので、
東宮城野小学校の校舎を借りて授業をしています。

自分たちの故郷、荒浜の畑で、
表面のガレキをひろい、
その後、土を掘り起こして埋まっているガレキを取り出しました。


45分間の授業のうち、30分でバケツ一杯の石や金属がとれました。

児童たちは
作業しながら、ReRootsに様々な質問をしてきます。
ReRootsはなぜ大学生が多いんですか?
ReRootsの野菜はどこで売っていますか?
県外にも販売しますか?
などなど。
聞き切れなかった質問は手紙を送ってくださるそうです。
しっかり答えないといけません。

作業終了のときには、ポリバケツ2杯分にいっぱいの石が入り、
重くて持ち上げるのに苦労するほどの量になりました。

児童たちも、
この畑で野菜ができるようになるためには、
ボランティアするのがとても大切なんだということが伝わったようです。

ちなみにみんな好きな野菜はきゅうりです。

★ この記事へのコメント

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 5
9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
22 23 24 25 26
28 29 30 31

ブログ内検索

twitter

最新CM

[05/07 nagai]
[04/16 air bundles]
[02/27 めがねぽんち]
[09/21 ReRoots]
[09/18 るりねえ]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード