花と凧とそれから芋

こんばんは。
朝夕の冷え込みが厳しくなってきましたね。

お久しぶりです。すかんぴんです。

昨日、「第二回 ひがろくクリーンデー」が行われました。
先月10月18日の第一回に引き続き、多くの方が参加して下さいました。


津波の被害を受け、普段は使用できなくなってしまった東六郷小学校。
震災後、管理されずに荒れ果ててしまっていた学校をきれいにしようと
第一回のクリーンデーでは草刈りをしました。

そして今回は…  

 
きれいになった花壇に花を植えました!

先週、8日に五条中やJoy Studyの皆さんに整備してもらった花壇に、
皆で苗や球根を植えていきます。



造園会社から苗を寄付していただき、校舎前の花壇全てに、たくさんの花を植えること
ができました。
参加した地域のかたがたも、だんだんと明るくなっていく東六郷小学校の様子を見て
喜んでいらっしゃいました。

また、今日はグラウンドで六郷市民センターが主催する凧揚げ大会も開催されました。
 


子供を中心にそれぞれ凧に思い思いの絵をかいて、上げていました。

花植えが終わったら凧揚げを眺めながら、いろんなところで話に花が咲いていました。
賑やかで、和やかな雰囲気でした。

動いたら、おなかがへってしまします。
花植えをした人も凧揚げをした人も一緒にお昼をいただきました。

お昼ご飯は六郷地区の野菜を使った芋煮!
調理にも東六郷地区のおあかさまが腕をふるってくださり、
とってもあたたまる美味しい芋煮でした。




今回も作業をしながら。お昼を食べながら、地域の方たちと、六郷の食文化についてや、地域の伝統についてなどいろいろなお話をお聞きしました。

若林区の東六郷地区は、津波被害を受けた後、全体的に現地に戻ってくる方が少なく
過疎化が進んでいると言えます。
今回も他の地域に移転した方や、仮設住宅が参加して下さっていました。 
バラバラになってしまった地域で、こうしてまたたくさんの人が集まれる企画は嬉しいと皆さん言ってくださいましたが、
ReRootsではこうした活動を通して、地域の方達が自分たちの地域の将来について話しあえる場ができていくことを目指しています。

地域の人がもう一度つながっていけば、もっともっと大きなことができるはず。
今はまだ小さな一歩一歩ですが、若林が地域の方自身の手で復興していくまで、地域に寄りそって活動していければと思います。

次のひがろくクリーンデーは、少し暖かくなってから。
今日植えた球根が咲いている頃です。

関東から出て来て、初めての仙台の冬に戦々恐々としている僕ですが、
春への希望をむねにこの冬を乗り切って行きたいと思います。

皆さんもどうかご自愛下さいませ。
それではまたお会いしましょう。

★ この記事へのコメント

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

クリーンデー

都市部では希薄になってしまっていますが、地域の人々が集える場所や、みんなが楽しめる催しものがあるというのは、生活や地域のコミュニティーにとってとても大事なことと思います。
何よりも、みんなが笑顔になれる場所って良いですね。

そのうち、年末年始にはお餅つき大会とか、田植えの前に水の張った田んぼで泥んこ相撲、夏の夜空を眺める会なんて、色々出来そうですが如何でしょうか?

メガネポンチ | 2014.11.18 14:52 | 編集

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
14 15 16 17
19 20 21 22 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

twitter

最新CM

[06/18 いとーしゅーじ]
[05/07 nagai]
[02/27 めがねぽんち]
[09/21 ReRoots]
[09/18 るりねえ]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード