畑のガレキ拾いのあとに「じゃがりこ」

今日は20名で畑の細かいガレキ拾いです。

熊本学園大学からはるばる7人もの女子大生が参加してくれました。ありがとうございます。
そういえば、昨日は福岡と長崎からも来ていました。
九州の頑張りすごいです。

取り組んだ畑はとても広くて、その割にガレキ拾いはなかなか進まない難敵です。
おそらく、相当精神的に鍛えられる、または堪える作業かもしれません。
DSC_0152.JPG











このように一列に並んで、手作業で細かいガレキを拾います。

こんなものが出てきます。
DSC_0153.JPG











実はこの畑、一度表面のガレキは拾い終わっているんです。
しかし、耕運するとまた地中のガレキが表面にでてきます。
そこで、拾って、耕運して、という作業を3回繰り返します。

ちなみに、今一列に並んでいる地点から、
終点は

写真の上に見える青い屋根の家の左端までです。

と、とおい

100人以上必要です。

終了して若林ボランティアハウスに戻ってくると…
DSC_0154.JPG










以前、ボランティアに参加してくれた方からの差し入れが、ドーン

カルビーの「じゃがりこ」と「じゃがビー」が10箱

ありがたいです。

今日、参加していたメンバーは女子大生ということもあってか、
大、大人気でした。

ガレキ拾いの精神的な疲労もあっという間に回復していました。

★ この記事へのコメント

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
14 15 16 17
19 20 21 22 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

twitter

最新CM

[06/18 いとーしゅーじ]
[05/07 nagai]
[02/27 めがねぽんち]
[09/21 ReRoots]
[09/18 るりねえ]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード