あの畑は…今 その8 荒浜で、感動。

ブログやツイッターでお知らせしているように、若林区の被災した田んぼの一部でも田植えが始まっています。
まだ復旧していない田んぼもたくさんありますが、水を張って稲が植えられているのを見ていると、ものすごく感動します。晴れている日は田んぼの水がキラキラ、鳥がピーチクパーチク、涼しい風が吹き、とってもイイ気分。
ぜひ、若林区に足を運んでみてください。

さて、あの畑は・・・今、です。
この畑、ブログでも何回もご紹介している、春先に取り組んだとっても苦労した畑です。
こちらのブログでも紹介しているように、隣り合ったお二人の農家さんの畑で、それぞれ延べ人数で387人、681人もの人数を投入してやっと終わった畑です。
海からとても近い、家屋も基礎だけになってしまっている地域なので、レンガや瓦、ガラスだけでなく、写真や包丁など、生活感ある瓦礫がたくさん出てきて、何とも言えない気分で活動していました。

近くを通ったので、その畑に寄ってみると・・・

見事に畑になっていました!
ものすごい、感動です。
しかも、ちょうどこちらの農家さんがいらっしゃり、畑仕事中でした。

がれき撤去が終わって、色んな種類の野菜を植えられたそうです。
じゃがいも、キャベツ、トウモロコシ、長芋、サトイモ、枝豆、ナス、カボチャ、などなど。
ちなみに写真では手前に肥料袋が立っていますが、今年は涼しいから、カボチャを守るために被せたそうです。


こちらはじゃがいも君たちです。
こちらのブログでも紹介しているように、農家さんがじゃがいもを植えられると聞いて、とっても丁寧に、ふるいを使ってがれきを取り除いたところです。見事にじゃがいも君たちが育っています。

そしてなんと、「ちょっとかてぇかもしんねぇけど、食ってけろ~」と、とれたてのキャベツを頂いてしまいました。
生でパクリと頂きましたが、めちゃくちゃ美味しい。
他の野菜も、しっかり育って欲しいです。

こちらの農家さん、ReRootsにがれき撤去を依頼される前は、おひとりで瓦礫を取り除こうとされていました。
でも、もちろん全然進まないし、ちょっとしか植えられない。
野菜ができてる光景も感動しましたが、農家さんがせっせと肥料をやったり、土を寄せたりと、農作業をされている姿や、笑顔で野菜のことを話しているのがすごく印象的でした。いやぁ、良かった。

スコップを刺すたびにがつっと瓦礫にぶつかり、ヒーヒー言いながらも丁寧に瓦礫をとって下さったボランティアさん、改めてお疲れ様でした&ありがとうございました。

★ この記事へのコメント

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 5
9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
22 23 24 25 26
28 29 30 31

ブログ内検索

twitter

最新CM

[05/07 nagai]
[04/16 air bundles]
[02/27 めがねぽんち]
[09/21 ReRoots]
[09/18 るりねえ]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード