震災を通しての国際交流

こんにちは!
今日は良い天気でしたね。


今日は、UCLA(University of California Los Angeles)
の学生さんが支援に来てくださいました。

支援における指示、質問に対する受け答えは英語で頑張りました。
震災について少しでも教えることができたのならば幸いです。

震災から三年が経過した今でも、こうして興味を示していただけるのは嬉しいことですね。

活動としては、まず土壌の表面に浮き出たガレキを拾い、その後土おこしをして土の中のガレキを撤去しました。

土の中から大きな石が見つかった時には、歓声があがっていました。
また、今後はこの土地にヒマワリを植えることになると伝えると、
"Sunflower?! I think it's like my Japanese baby!"
と、ヒマワリのことを日本にできた赤ちゃんだと喜ぶ声が聞けました。



UCLAの学生さん方、本当にありがとうございました。
日曜日に帰国されるということなので、どうぞお気をつけてください。

Have a nice flight!!

★ この記事へのコメント

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

無題

大変お世話になりました。
多国籍のUCLA大学院生もよい経験をされたと思います。
Have a nice flight!!
今後ともよろしくお願いします。

小関勝也 | 2014.04.07 21:43 | 編集

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 5
9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
22 23 24 25 26
28 29 30 31

ブログ内検索

twitter

最新CM

[05/07 nagai]
[04/16 air bundles]
[02/27 めがねぽんち]
[09/21 ReRoots]
[09/18 るりねえ]

プロフィール

ReRoots


ReRootsは東日本大震災をきっかけに作られた、震災復興・地域支援をしているサークルです。


HP: ReRoots(リルーツ)

バーコード